亜鉛メッキ鉄線、普通鉄線などの線材をひし形に編み上げた
最も多目的用途に用いられる金網の代表品種です。

「エキスパンドメタル」は鋼板をを特殊な機械で
裂目を附し均整なる菱形網目、又は亀甲型の網目状に
伸長した網状鋼板であります。

 

NETIS QS-050004-V

法面安定と緑化を目的とした
「SGフレーム工法 軽量法枠 やまChan」
自然環境が世界的に問題視され、環境保全が急務とされる現在に
自然再現工法として最も有効な工法として期待されています。

日本初のコンクリート打ち継ぎ専用板として開発された「TS-35」
取り付けが簡単で、高精度・高強度の施工を可能にしました。

メッシュ型枠の採用により、従来の一般型枠工法に
比べてコスト削減・工期短縮を実現しました。

冷延薄板および亜鉛引鉄板製の金網で、木造建築の防火外壁や、
軽天井、タイル下地、モルタルの耐震補強材等に用いられます。

線材を歯車で均一な波型に加工し、縦線・横線を所定の目合に
編んだ金網です。

法枠工は、切土・盛土の法面保護工として
数多く施工されている工法です。

溶接金網は、縦線と横線の交わった点を
電気抵抗溶接し製造された製品です。

機能性・デザイン・施工性を兼ね揃えた多目的パネル。
製品規格を統一し、どんな建物の天井にも柔軟に対応します。

テレフタロンACはコンクリート・モルタル補強用PET再生短繊維です。

「アンチ・クラック用短繊維」


Copyright 2010 Sango Co.Ltd,All rights Reserved